東京・神奈川・埼玉・千葉エリアで口コミ・評判の良いマンション大規模修繕工事業者を比較ランキング形式でご紹介!

マンション大規模修繕業者の選定ポイント

マンションを経営するにあたって大規模修繕は重要な要素の1つです。

その際にはどういった業者を選択するかが大切となります。

そこで大規模修繕の業者選定のポイントについて紹介していきます。

これまでに修繕を何度も行っているという場合も、これから初めて行うという場合にも役立つ内容となっているので、お読みいただければと考えています。

 

マンションを建築した業者でなくてもいい

大規模修繕を業者に依頼する上で非常に重要となるのがマンションを建築した業者にこだわらないことです。

マンションを建築した業者はそのマンションに精通しているので、大規模修繕を依頼するのもその業者が良いのではと思われることも少なくありません。

しかし、そのマンションを建築した業者でなくても、建物の特徴を把握することはできます。

建築した業者にこだわるのではなく、あくまで選択肢の1つとして考えることが重要となります。

建築会社の子会社が管理会社となっているケースもあります。

その場合は修繕に親会社を推薦する可能性がありますが、その推薦をうのみにするのではなく、技量などを把握しておくことが重要となります。

マンションを管理する立場の方が業者を絞っていると、修繕会社が強気に出てくる可能性もあります。

すると料金面で不利な交渉となってしまうかもしれません。

それゆえにあくまで絞りすぎることなく、選択肢を幅広く用意しておくことが重要となります。

建築したかどうかは別問題と考えておきましょう。

 

区分所有者や理事との関係性について

大規模修繕工事の業者選定を行っているときには様々な提案を受けることがあります。

場合によっては管理組合内から業者を紹介したいと告げられるケースも少なくありません。

もちろん業者を紹介してもらうこと自体は悪いことではありません。

しかし、区分所有者や理事と密接な関係にある業者を推薦してきた場合は注意が必要となります。

工事内容や工事価格などの決定過程において適正性が疑われる恐れもあります。

そのようなしがらみがあればあるほど、料金などが適切でなくなってしまう恐れがあるので、そういった業者を回避することで料金を抑えることが可能となります。

理事の方は組合の運営に尽力しているケースも多く、恩義があるからそこの業者に依頼をしたいという方もおられるかもしれません。

ところが、そういった個人的な事情を大規模修繕の依頼に反映してしまうと、後々に様々な問題が出てしまう恐れがあります。

あくまでマンションを経営する上でどこに依頼をするのが良いのかという考え方で業者の選定を行うことが経営者としての行動となります。

 

業者の実績などを確認しておく必要があります

業者選定の際には施工実績の確認が重要となります。

実績だけで測れない部分がいくつもあるのは確かですが、実績は業者を絞り込む上で参考になる情報です。

というのも大規模修繕を行う際にはしっかりと安全対策が行われないと、事故などが発生してしまう恐れもあります。

安全性を重視する意味でも直近の施工実績を確認することが大切です。

直近というのもポイントであり、あくまで3年くらい前から現在に至るまでの業績を確認しておきましょう。

それ以上前のことになると所属しているスタッフが変わっている可能性もあるので、あまり参考にならない情報も増えていきます。

業者の規模も重要となります。

規模の大きい業者はそれだけ安定した実績を持っていると考えられますが、中間マージンが増えて工事価格が高くなることに注意が必要です。

改修工事の結果を出している会社の中から複数社を選んで検討することをお勧めします。

大手ゼネコンに声をかけると子会社の系列リフォーム会社を紹介されることが多いので、その点には注意が必要となっています。

 

現場監督予定者の人柄を確認しておく

大規模施工業者の実績などを確認する際には現場監督予定者の人柄や能力を知っておく必要があります。

いくら素晴らしい実績を持つ企業であっても、その担当の監督者の人柄や能力がそれほど良くなければ工事は成功しないかもしれません。

工事の際には安全対策や住民への気遣いなど、技術だけでは測れない部分がいくつもあります。

実際に工事が始まった後には現場所長のコミュニケーションの能力が重要であると分かります。

そのため、プレゼンテーションなどの際には現場監督にも同席してもらいましょう。

可能であれば話を聞いておくことをお勧めします。

大規模修繕工事の際には工事掲示板を設けて、入居者に日々進捗の状況を知らせる必要があります。

それだけでは入居者の理解を得られない可能性もあるので、様々な方法で周知をすることが大切です。

そういった気遣いができる人物でなければ現場監督という役職は務まらないといえるでしょう。

全ての方が満足して工事中の期間を過ごせるかどうかについては、現場のスタッフの気遣いで大きく変わるといえるでしょう。

 

アフターサービスの内容を知っておく

アフターサービスが充実しているかについても非常に重要となります。

工事の規模が大きくなればなるほど、後々に不具合が生まれてしまう可能性があります。

不具合が起こってしまうことが問題なのではなく、それを速やかに解決するためのアフターサービスが重要となります。

良心的な業者ほど万が一に備えたアフターサービスを充実させていることが多いです。

防水工事の場合は数年ごとにトップコートを張り替えることを保障するといったケースがあります。

保障期間についても内容に合っているかどうかを確認しておきましょう。

サービス面と料金のバランスも大切です。

いくらサービスが充実していても料金が高いとマンション運営のコストが高くなってしまいます。

規模の小さいマンションの場合は特にコストを抑えることが重要となります。

大規模修繕工事を依頼する際にはその後のコスト面まで踏まえて考えておくことが欠かせません。

保障を一切行わないという業者はほとんどありませんが、その内容は会社ごとに大きな違いがあるとされているので注意しましょう。

 

社風とマンションの雰囲気が一致しているか

修繕工事を得意としている業者自体は日本中にたくさんあります。

しかし、それぞれの業者には各々の社風というものがあり、その社風がマンションの雰囲気にマッチしていないとなかなか上手く行きません。

業者の空気感とマンションの空気感が一致しているときに最もいい修繕工事を行うことができます。

業者の雰囲気を知るためにはプレゼンテーションをしてもらうことが有効です。

プレゼンテーションの際には資料も配られるのでその内容を確認すれば、重視しているポイントについても見えてきます。

会社の案内なども資料に記載されていることがあります。

その内容を理事会の方々にもチェックしてもらっておくと、後々にトラブルになることを防げます。

合理化を図るためにコストカットを行っている業者のこともよく分かります。

大規模修繕工事はしっかりと行われないと様々な方に危険が及んでしまいます。

そのため、安易なコストカットは決して肯定的に解釈できるものではありません。

一方で無駄なコストをかけていると料金に跳ね返ってしまうので気を付けておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

マンションにとって大規模修繕工事は欠かせないものですが、その選定方法次第で工事結果が大きく変わることもあります。

そのため、慎重に選択することが重要です。

修繕の会社を選ぶ際にはコスト面だけでなく、安全性、アフターサービスなども含めて検討していくことが非常に大切といえるでしょう。

 

サイト内検索