【東京・神奈川・埼玉・千葉エリア】マンションの大規模修繕工事依頼に評判の業者をランキングでご紹介!

マンションを大規模修繕する時期とは

マンションは一定期間おきに大規模修繕する必要があります。やはり築年数が経てばその分建物自体の老朽化がおきてしまうでしょう。

定期的に修繕等をしてメンテナンスをすることで快適で安全な暮らしを維持することができます。ではそんな大規模修繕する時期はいつなのか、その時期について詳しく紹介しましょう。

 

定期的なメンテナンスをすることが大切

 

マンションなど建物は建てた後、定期的に修繕を行いメンテナンスをしなければいけません。建物が老朽化すればその分危険が及んでしまう可能性もあるでしょう。定期的にメンテナンスを行うことで状態を維持することができ、長く安全に暮らすことができます。

そのためには、こまめな修繕及び大規模修繕が必要になってくるでしょう。こまめな修繕は、例えば何か壊れてしまったなどその都度行うものがありますが、大規模な修繕の場合はマンションによってその周期がある程度決まっており、それに基づいて修繕が行われます。では実際に大規模修繕する場合の時期はどのようになっているのでしょうか。

マンションの場合ある程度周期が決まっているところもありますが、必ずしもその周期で修繕を行わなければいけないという訳ではありません。目安として12年周期で行うところが多くなっていますが、マンションの劣化状況なども踏まえた上でその周期が変わってくるでしょう。普段こまめに修繕を行っているマンションであっても、やはり長年住んでいればその分劣化が進みあちらこちらに痛みが生じてしまいます。

目に見える部分以外でも内部の劣化などもあるため、一定期間ごとに大規模な修繕をできる状態を維持することが大切です。痛みが進んでいるのにも関わらず修繕時期が遅れてしまった場合、そのことが原因で大きなトラブルなどが起きてしまう場合もあるでしょう。大きな問題が起きてしまってからでは遅いのでその見極めがとても重要になります。

また、一般的にマンションを建てた場合メーカーで保証してくれるのが10年前後というところが多くなっているでしょう。そのため、築10年程度までであればきちんとメーカーで保証してくれるためそこまで大きな修繕をしなくても良いですが、それ以降になってしまうと保証期間も過ぎており、築年数も経過しているので一定期間ごとに修繕しなくてはいけなくなってきます。やはり新しい建物であっても築年数が進めば進むほど劣化の状態が大きくなってくるでしょう。

そのため、10年後よりも20年後の方が修繕ヵ所も増え、それに掛かってくる費用の負担も大きくなってくるでしょう。一般的にマンションでは住人から修繕積立金等を徴収し、修繕費用に充てています。月々の支払いに加え、大規模な修繕が行われる際に一時金として支払いが生じる場合もあるでしょう。修繕費についての取り決めはマンションによっても異なるので、入居する前にしっかり確認する必要があります。

 

信頼できる修繕業者を選ぶことが大事

 

長期的な目で見て修繕を行う場合、快適さを維持するためには見える部分、そして見えない部分もしっかりと修繕することが大切です。そのため、大規模修繕業者に依頼をする際は、実績があり安心して依頼することができる業者を選ぶことが大切です。

中には高額な修繕費用を請求するところもありますが、修繕内容に見合った費用であれば問題ないのですがそうでない場合もあるでしょう。いわゆる悪徳というところに依頼しないためにもその見極めが大切です。

修繕業者によっては長年修繕作業に携わり、これまでの経験を生かした作業を行ってくれるところもたくさんあります。やはり実績が豊富であればその分安心感につながりますし、多くの人に選ばれているからこそ信頼度も上がってくるでしょう。

そのため、悪徳な業者に騙されないようにするためにも修繕業者選びは慎重に行うことが大切です。修繕費の負担は住人たちがこれまで積み立ててきた費用の他に大規模の場合はそれにプラスして掛かってしまう場合もあるでしょう。修繕費用が高額になればその分住人の負担が大きくなってしまいます。いかにその費用を抑えることができるかも重要です。

しかしだからといって修繕ヵ所を少なくすれば済むという訳ではありません。きちんと修繕を行った上で、費用を抑えることができるような業者選びが大切になってくるでしょう。修繕内容としては外壁塗装工事下地補修工事などたくさんの種類があります。築年数が進めばその分修繕ヵ所が多くなりますし、修繕内容も大掛かりなものになってくるでしょう。

定期的な修繕にプラスして大掛かりなものも一定期間ごとに行うことで状態が維持され、安全な暮らしが守られます。費用の負担の面で考えれば出費する側にとっては大きなものになります。しかしいくら10年から12年おきだからといってその時に一気に修繕費の負担をすることはとても大変なことです。そのため、毎月少しずつそのための費用を積立し大規模修繕に備えた方がいいでしょう。

 

きちんと修繕することで快適な暮らしを維持できる

 

快適な暮らしを維持するために行われる修繕ですが、マンションによって修繕のための長期計画が立てられます。また、もし大規模な修繕を行う場合は住人にもどのような修繕を行うのかなど了解を得た上で修繕が行われるでしょう。やはり費用の負担もあるためきちんと修繕内容についても住人に納得してもらう必要があります。

また、きちんと定期的なメンテナンスを行わなければそのマンションの資産価値も下がってしまうでしょう。それを避けるためにも修繕はとても重要です。高い実績のある修繕業者に依頼をすることで状態をしっかり維持することができ、きちんと改善してもらうことが可能です。そのためには分析能力や判断能力がある業者を選ぶことが大切でしょう。

近年では修繕業者の口コミなども多く見つけることができるようになっています。実際に利用した人の声なども参考に修繕業者を選ぶのも良いでしょう。それがコスト削減にもつながるのでおすすめです。一軒家であってもマンションであっても建てた後いかに良い状態を維持することができるかが重要になってきます。

定期的な修繕が今後の状態にも影響してくるため、どのような修繕を行うのか徹底的な調査と修繕が大切です。大規模な修繕の時期はある程度決まってはいますが、必ずしもこの時期に行われるという訳ではありません。法律で決まっているわけではないため、状態に合わせて臨機応変に変更されるものであり、それに加えて日々のメンテナンスも大切になってくるでしょう。定期的に修繕が行われますが決して壊れやすいという訳ではありません。

近年の建築技術は大変高度で進んでおり、壊れにくい造りになっているでしょう。しかしやはり建物ですから雨風にさらされ、そして設備に関しても劣化が進んでしまうことは事実です。それに対してきちんとメンテナンスを行うことが常に快適さを維持するために重要なことであり、そこに暮らす住人の生活を維持するためにも大切なことでしょう。

 

安心で安全なマンションライフを維持するためにもこまめな修繕に加えて定期的な大規模修繕が重要になってきます。その時期はマンションの状態などにも異なりますが10年から12年程度で行うところが多くなっているでしょう。また、修繕を行う場合は信頼できる修繕業者選びが大切です。これまでの実績と評判を踏まえた上で安心して依頼することができる業者を選ぶ必要があります。修繕をすることで、安全性が保たれ安心して暮らすことができるので、定期的なメンテナンスが大切です。